デリケートゾーン黒ずみを解消するには?

アソコの悩み相談者
管理人いつの間にかアソコの黒ずみが酷くなって、なんとかしてキレイにしたい!と焦ることもありますよね?

アソコが黒くて汚いと、男性に「遊んでる女なのか?」と思われることもあるんです。

でも大丈夫!アソコの黒ずみは、毎日コツコツ対策を行えば少しずつキレイに改善できますので!

まずは黒ずみの原因をなくして、評価の高い専門クリームや石鹸でケアしていきましょう。

それでは詳しく説明していきますね。

アソコが黒ずむ原因は?

まずはこれ以上アソコの黒ずみが酷くならないように、きちんと原因を理解することが大切です。

黒ずみの原因にはメラニンが関係しています。

黒ずみの原因はメラニン色素!

角質層のメラニン

アソコの黒ずみの原因は、メラニン色素です。

メラニン色素の働きは、紫外線や刺激からお肌を守ること。夏に日焼けで肌が黒くなるのは、紫外線から肌を守ろうとした結果、メラニン色素が活動するからです。

メラニンの生成を抑えることが出来れば黒ずみになることはなく、色素沈着もターンオーバーにより自然と薄くなっていきます。

黒ずみ原因のメラニン色素ができる4パターンを、具体的に確認していきましょう。
 

メラニンが発生する4つの原因(陰部編)

デリケートゾーン

陰部・アソコの黒ずみの原因は主に4つ。この主だった原因を対策するだけでも、これ以上黒ずみが酷くなるのを防げますよ。

ムダ毛の自己処理

自己流のアソコのムダ毛のお手入れは、皮膚に相当の刺激をあたえてしまいます。

カミソリでのムダ毛処理、ゴシゴシ洗いなどの刺激がメラニンを発生させて、黒ずみの原因となる色素沈着を起こします。

ムダ毛の自己処理してる方は、脱毛サロンに通いましょう。脱毛後のケアは自分でも必ず行うこと!
 

下着の摩擦やかぶれ

下着の摩擦

アソコの場合は、主に下着などで皮膚がこすれる事により、肌を守ろうとしてメラニン色素の活動が活発になります。

メラニン色素の活動時間が長くなると黒ずみができます。

下着はずっとつけているので、肌再生機能が低下することから起きてきます。

下着の締め付け、ナプキン、トイレットペーパー、おりものシートなどによる摩擦やかぶれは、すべて黒ずみの原因になります。
 

肌のターンオーバーの乱れ

ターンオーバー

いろんな刺激でメラニンが作られても、肌のターンオーバーが正常に働いていれば、古い角質と一緒にメラニンは剥がれ落ちます。

しかし肌のターンオーバーが乱れると、排出されなかった古い角質が黒ずみの原因になってしまいます。

肌のターンオーバーは食生活の乱れやストレス、ホルモンバランスの乱れ、加齢などによって乱れます。
 

脱毛後の肌ケアを忘れてしまう

脱毛機

アソコのムダ毛の自己処理を避けるために、脱毛サロンやクリニックでの脱毛を受けることはオススメです。

ただしその際の、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛で火傷が起こると黒ずみの原因になってしまいます。

また脱毛後は、肌が敏感になっていて下着や服の摩擦に弱い状態なので注意してください。

脱毛サロンは楽ですが、そのあとのケアが大切です。
 
 

アソコの黒ずみ対策・・・結局どうしたらいいの!?

下着女性
黒ずみを改善するには、美白だけでなく、今までの黒ずみができやすい習慣も改善する必要があります。

次の2つを同時に行ってください。

肌に与える刺激を減らすこと

下着を合ったものに変える、下着の素材を見直すと黒ずみ改善に繋がります。

特にキツイ下着をつけている方は要注意!締めつけやこすれは肌が黒ずんでしまいます。

ムダ毛の自己処理も避けてください。

美白して既に黒ずんだ肌をケア

もうできてしまっている黒ずみは美白してキレイにしていく必要があります。

デリケートゾーン専用の石けんを使うこと、デリケートゾーン専用の美白クリームを使うことでターンオーバー正常化が期待できます。

①アソコの洗浄

アソコの洗浄には注意点があります。やさし~く洗う必要があるんですね。

ムダに刺激してメラニン色素を発生させてしまうとさらに陰部が黒ずんできてしまいます。

毎日お風呂に入るときに、アソコ専用のソープで洗って陰部を清潔に保ちます。

②専用クリームを塗る

アソコが清潔になった状態で、デリケートゾーン専用クリームを塗っておくこと。

これで日常的に陰部を清潔に保ち、黒ずみのもとを断ち切ることができます。

すぐに変化があらわれるわけではないですが、続ければ美白につながります。

「これ以上黒くならないようにする努力」と、「黒ずみが解消するように美白すること」。

その両方を同時に実行してこそ、アソコの黒ずみの解消へとつながります。

どちらか片方ではダメです!

必ず両方を実践してください。

コンプレックスを解消するためにも、今すぐにでも黒ずみケアを始めてください。
 
 

アソコの黒ずみ改善クリーム おすすめランキング

おすすめはどれ?

イビザクリーム

日本で1番人気のデリケートゾーン用クリーム

イビザクリーム

黒ずみを根本からブロックするトラネキサム酸を配合!
4つの植物成分があそこの黒ずみ原因メラニンを抑える!
厳選8種類の潤い成分が陰部を保湿!
敏感肌でも肌にやさしい!刺激成分ゼロ!

トラネキサム酸はメラニンを作るメラノサイトの生成を抑えるで、黒ずみを根本からブロック!
定期料金 送料 返金保障 おすすめ度
4,470円(税別)
500円OFF
無料 60日間 ★★★★★

イビサクリームの2つの成分

イビサクリームには、下記の2種類が含まれています。

①メラニンを抑える効果のあるトラネキサム酸
②お肌の調子を整えるグリチルレチン酸2K

トラネキサム酸はメラニンの生成を抑える効果と美白効果があり、シミの治療としても使われることが多く黒ずみに対して非常に有効な成分です。

また、グリチルレチン酸2Kは皮膚の炎症を抑えたり肌の雑菌を除去してくれる働きがあり、ニキビ治療などでも良く使用されています。

メラニンを分解する4つの成分

メラニンの抑止が黒ずみ解消に有効ですが、既に存在しているメラニンを分解させる成分も必要となってきます。

イビサクリームにはメラニンを分解する4種類の成分が含まれており、全てがメラニンに直接作用する植物エキスとなっています。

メラニン分解の4成分
サクラ葉抽出液(保湿性と抗炎症作用のある)
カモミラエキス(保湿作用と炎症制御)
ダイズエキス(保湿性と皮膚細胞の活性化)
オウゴンエキス(美白効果と抗炎症作用)

以上の4つの成分によりメラニンを元から分解し、色素沈着の進行を抑え健康な状態に戻すことが出来ます。

メラニンの生成を抑えるのではなく分解する効果なので黒ずみ予防としても有効です。

イビサクリームの最安サイトはこちら

 
 

ヴィエルホワイト

リポソーム化美容成分で効率的に黒ずみケア

ヴィエルホワイト

美白成分トラネキサム酸がメノサイトを抑える!
14種の成分がリポソーム化エキスでギューっと浸透!
より浸透率の高い高純度の美容液タイプ!
雑菌混入の心配がないプッシュ式容器を使用!

定期料金 送料 返金保障 おすすめ度
4,980円(税別)
初回50%OFF
無料 90日間
※初回分返金
★★★★


 

ホワイトラグジュアリープレミアム

満足率94.8%の医薬部外品デリケートゾーン美白ケア

ホワイトラグジュアリープレミアム

プラセンタなど厳然の美白成分7種類配合!
肌に刺激を与えるものは一切不使用!
敏感肌の女性でも安心・安全の製造基準!
厚生労働省認可の医薬部外品だから安心!

定期料金 送料 返金保障 おすすめ度
5,980円(税別)
以後も4,000円OFF
無料 なし ★★★☆


 

ハーバルラビット

97.1%の方から高評価を得た人気のクリーム

ハーバルラビット・ナチュラルゲルクリーム

肌の炎症を抑えるグリチルリチン酸2Kを配合!
黒ずみの原因となるメラニン色素の生成を抑制!
厚生労働省から許可を得ている医薬部外品!
4つの美白・潤い成分をたっぷり配合!

定期料金 送料 返金保障 おすすめ度
4,250円(税別)
以後は4,750円
無料 60日間 ★★★☆


 

ホスピピュアVIO

植物成分のスクワラン、シアバター配合

ホスピピュアVIO

トラネキサム酸で黒ずみを根本からブロック!
メラニンを小さく目立たなくするトウキエキス!
肌の調子を整えるタイムエキス!
湘南美容クリニック共同開発の医薬部外品!

定期料金 送料 返金保障 おすすめ度
4,500円(税別) 無料 90日間 ★★★☆


 

ビアネージュ

顧客満足度96.7%!パッケージもかわいい!

シークレットレディ・ビアネージュ

1本で3役!美白・保湿、くすみケア!
美白成分をナノ化して角質層へ浸透率アップ!
医薬部外品ホワイトニングクリーム!
無添加仕様でお肌にやさしい!全身に使える!

定期料金 送料 返金保障 おすすめ度
4,380円(税別) 650円、メール便350円 60日間 ★★★


 

メサイア

豆乳発酵液とヒアルロン酸Naも配合!

メサイア

楽天ランキング3冠獲得した人気クリーム!
5個セットだと1個無料+サプリも追加!
Amazon’s Choiceに選出されました!

単品料金 送料 返金保障 おすすめ度
3,980円(税別) 別途送料 なし ★★★


 
 

アソコの黒ずみケア石鹸おすすめランキング

ジャムウ・ハーバルソープ

自然の中で、ハンドメイドで丁寧に作られた石鹸

ジャムウ・ハーバルソープ

「ジャムウ・ハーバルソープ」は累計305万個の売り上げを誇り、SNSでも話題のデリケートゾーン用の石鹸です。

2004年からインドネシアの自然の中で、日本人の肌に合った成分を使って、総てハンドメイドで作られています。

着色料や香料、防腐剤、パラベン、石油系活性剤は使わず、天然の植物成分だけを使って、デリケートゾーンの黒ずみやニオイの悩みに対応します。

主成分はヤシ油、カミツレ油、アロエベラ、オタネニンジン。これらには潤い成分、古い角質除去、お肌のダメージ回復に効果があります。
また、サポニン、アミノ酸が美白と消臭効果を発揮します。

使い方は簡単です。

1. ジャムウ・ハーバルソープを付属の泡立てネットでよく泡立てます。
2. その泡で気になる部位をパックします。
3. 後は洗い流すだけ。

これを毎日続けることで、肌の黒ずみや臭いが消えて行きます。即効性ではないので、まずは1か月は試してみて下さい。

ジャムウ・ハーバルソープは、全身に使える優しい石鹸なので、顔でも膝や脇、といった黒ずみやすい部位にも使えます。

ただ、生理中の使用は可能ですが、妊娠中や授乳中はホルモンのバランスによりデリケートゾーンがよりデリケートになっているので、使用は控えて下さい。

 
 

ANOCOI

アソコに塗るだけで肌を刺激しないので効果が早い

アノコイ

デリケートの黒ずみやニオイといったトラブルはの原因は、雑菌に依るもの、肌の乾燥によるもの、また、洗い過ぎが挙げられます。

「ANOCOI(アノコイ)」は、この洗い過ぎに注目して作られたクリームです。
ゴシゴシこすったり、洗い流す時に触ることもなく、気になる部位に優しくなじませ、数分間置くだけでOKです。

一般に、顔にしても身体にしても、洗い過ぎはお肌の皮脂を必要以上に奪ってしまうので、皮膚は足りなくなった皮脂を普段以上に分泌することで、ニキビ等の肌トラブルを起こしていることが多いです。

デリケートゾーンも同じことで、ニオイが気になるからと一所懸命ゴシゴシ洗うことは厳禁です。

ANOCOIがデリケートゾーンに効く理由は、8種類のボタニカルオイルと30種類の美容成分から出来ている点です。

アルガンオイル(乾燥を防ぐ)、ヴァージンココナッツオイル(古い角質を取り除く)、ティーツリーとユーカリオイル(雑菌を除去してニオイケア)、ホホバオイルと椿オイル(皮脂のバランスを取る)、シアバターとオリーブオイル(保湿効果)と、ボタニカルの力と美容成分で、優しくデリケートゾーンを洗浄すると共にケアします。

お肌になじませるだけなので、石鹸分が残ることもなく、美肌成分と保湿成分がしっかり効果を発揮してくれるのがANOCOIです。

 
 

日常生活ではこれを気を付ける!

黒ずみに悩む女性

まずは、陰部の肌へ余計な刺激を与えないこと!下着は通気性のいい天然素材のものにし、サイズの小さすぎるものは避けます。

入浴するときも、ナイロンタオルなどでゴシゴシこすらないようにします。弱酸性の石鹸を使い、しっかり泡立てて優しく洗いましょう。

洗浄剤が肌に残っていると刺激になりますので、ちゃんと洗い流します。そしてしっかり保湿することを忘れずに!

黒ずみを解消するには肌のターンオーバーを正常にすることが大切になるので、規則正しい生活を送るように気をつけましょう。

バランスのいい食事、しっかり睡眠をとる、適度な運動をして代謝を上げる、ストレスをためない、などです。

美白成分が配合されたクリームを使う

保湿クリーム

アソコ専用の美白クリームを使うことは黒ずみ除去に効果的です。

美白効果のある有効成分
トラネキサム酸
ビタミンC誘導体
ハイドロキノン
プラセンタ
アルブチン

などが配合されているものがおすすめです。

抗炎症作用や肌のキメを整える働きもあるグリチルリチン酸2Kが配合されているクリームも人気があります。

最近の黒ずみ除去クリームは、美白成分とともに保湿成分も配合されているものがほとんどで、肌を整える効果もあります。

(保湿成分として代表的なものは、ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミド、エラスチンなど)

アソコという敏感な箇所に使用するものですので、パラベンや香料、アルコール、石油系界面活性剤といった成分は入っているような市販品は使わないほうが安心です。
 

ハイドロキノンを使用する際の注意点

デリケートゾーン用の美白クリームを使用することはおすすめです。

よく美白クリームに含まれるハイドロキノンは、肌の漂白剤とも言われており、とても強力な美白化粧品ですが、使い方を誤ってしまうと、副作用で白斑ができることもあります。

ハイドロキノンを使用する際は、必ず個人だけで判断せずに皮膚科で処方されることをお勧めします。

一般的に、日本国内では2%~4%のものが処方されております。

また酸化もしやすいので冷暗所に保管する必要があります。酸化したハイドロキノンはかえって肌に刺激を与えるため使用することはやめましょう。

ただし、正しい使い方をすればバッチリ効果はでますので安心してください。また、トレチノインと併用して使うことで更にその効果がはやく出てくるので期待できます。

とにかく、デリケートゾーンの黒ずみには摩擦と刺激には気をつけましょう。長年のできてしまった黒ずみには、一度ハイドロキノンを試してみるのもいいかもしれません。
 

下着の摩擦を避ける!

VIOライン

まず、アソコの黒ずみの原因として一番に考えられるのは「下着の摩擦」です。

下着のゴムが食い込んだり、サイズがあっていなかったりすると皮膚と布地で摩擦が生じ、そこから黒ずみになってしまいます。

一番の改善方法は下着をつけない事ですが、さすがに外出する際にノーパンは心もとない気がします。

直接肌に触れる部分はせめて優しい柔らかな素材のものが好ましいです。綿や絹、柔らかいレースなど、極力刺激のすくないものを。

デザイン重視ではなく、お店で実際に手に取り指先でふれ「心地よい」と感じた物だけを身に着けましょう。
 

アソコのムダ毛処理の仕方

ムダ毛の処理の仕方は、方法によっては大きな黒ずみの原因となります。

一番やってはいけないのが「カミソリ」で自分で処理してしまう事です。

体のなかでも特別デリケートな部分にカミソリの刃を当ててしまうと、肌はかなり傷つきます。皮膚の薄い部分なので毛穴や剃り残し、剃り跡すべてのあらが目立ってしまうんです。

カミソリでの処理で黒ずんでしまった場合に一番効果的なのは、やはり医療脱毛ではないでしょうか。

V・I・Oだけだと、範囲も狭いのでそんな大金はかかりません。エステの脱毛は効きが良くなく回数が必要なので、結局経済的なのは確実な医療脱毛です。

麻酔クリームを塗って施術すれば痛みもそこまでありません。

脱毛後のお肌の管理のアドバイスも専門家に直接聞くことができますし、お医者さんに任せて正しく処理しましょう。
 

アソコ周辺を乾燥させないこと!

アソコの肌の乾燥、あまり意識している方は少ないのではないでしょうか。

お顔の目元、首、肘かかとなどと同じようにアソコ(陰部)も潤わせておいた方が良いのです!

なかなか人目にはつかない場所なので、ついついケアを怠りがちですが、毎日ケアすれば目に見えて変わっていきます。

アソコは普通の石鹸やボディソープでゴシゴシ洗ってはいけません。

洗いすぎはいけないことは有名ですが、洗わないでも良いわけではもちろんないのです。

デリケートゾーン用の低刺激な石鹸が売られていますので、優しく丁寧に「お顔を洗うように」洗います。

お風呂から上がったら低刺激のローションやクリームで必ず保湿です。

お風呂に入る前と、ケア後のデリケートゾーン。こっそり見比べてみてください。毎日のケアでピカピカのデリケートゾーンを目指しましょう。
 

整形外科へ行く(最後の手段)

最後の手段としては整形外科でアソコの手術をするという手段もありますが、これは少数派です。

黒ずみだけの理由で手術をするのは微妙ですが、一番手っ取り早く効果を期待できます。