このページの先頭です

M字ハゲ対策!効果的な育毛剤や治療方法を教えます!

47views

投稿日:

M字ハゲにならないようにするための予防方法

M字ハゲとは?

額の髪の毛の生え際の両端部分の抜け毛による後退により、生え際のラインがM字にハゲ上がる状態のことをM字ハゲといいます。男性型の脱毛症に多くみられる症状です。

生え際ラインがM字になっていればM字ハゲということではなく、あくまで抜け毛による後退によりM字になってしまった場合を指します。逆につむじなど頭頂部から薄くなるものをO字ハゲや、つむじハゲといいます。

Mにハゲる原因

一番多い原因はAGAといわれる男性型脱毛症で、30代頃から徐々にゆっくりと後退する傾向が強い症状です。AGAにより抜けてしまった部分には薄毛に悪影響のあるジヒドロテストステロンという男性ホルモンの一種が通常より高濃度でみられます。

ジヒドロテストステロンはテストステロン(男性ホルモン)と5aリダクターゼという酵素が結合することで生成され、まだ成長途中のうぶ毛などを抜けやすい状態に変えてしまいます。

AGA治療では、このジヒドロテストステロンをいかに抑えるかがポイントになってきます。他の原因としては血行不良があげられます。血液には酸素を循環させる役目があるので、血の巡りが悪い場合は頭皮が酸欠になってしまいます。

また栄養素も一緒に運んでくれるため、血の巡りが悪い場合は髪の毛が栄養不足となり細くなってしまい抜けやすくなったり、育ちにくくなったりします。血行不良の原因としてでもありますが、生活習慣やストレスも薄毛の原因だといわれています。食事や運動など色々な事柄が細胞レベルで作用することで髪の毛に表れてくることとなります。

M字ハゲ予防に効果的なもの

ではM字ハゲにならないようにどうすればいいかといいますと、まずは生活習慣の見直しが大切です。栄養のバランスを考えて適切な量を食べ、睡眠も十分に取り、適度に運動をして健康的な生活を送ることが必要になってきます。使用するシャンプーの選び方も大切です。

洗浄力が強すぎると頭皮に必要最低限の皮脂まで落としてしまうため、皮脂が過剰に分泌してしまったり頭皮の成分のバランスが崩れてしまいます。そのようなことにならないために、使用するシャンプーは弱酸性でアミノ酸などの成分を含んだ頭皮に優しいシャンプーを使用することが大切です。

また、まだ薄くなっていなくても育毛剤を使用することはとても効果的な予防になります。育毛剤には頭皮の環境を改善してくれたり、髪の毛に栄養を与えてくれたりするのでとても効果的な予防方法になります。

M字ハゲになってしまった場合の対策

M字ハゲ対策に効果的なもの

M字ハゲになってしまったと感じたらできるだけ早めに対策することが重要です。予防で紹介したものに加えて、育毛剤や発毛促進剤などを使用するとよいです。現在は頭皮に塗ってマッサージをするものから、錠剤になっていて飲んで効果を得るものなど様々ですが、その際大切になってくるのは長期的に使用できるものかどうかです。

高額な物の方がすぐに効果が得られると思いがちですが、M字ハゲはO字ハゲと比べて治りにくいといわれているため、時間をかけて治療していく必要があります。即効性を期待して高額なものを買うよりも長期的に使って効果を得る方が治る可能性も高くなります。

もちろん長期間使用すると肌に合わずに異常が出てしまうようなものは使用することができないため、事前にしっかりテストすることも大切です。育毛剤の使用方法としては、洗髪して乾かした後に適量を気になる部分に塗布し、頭皮を揉むようにして染み込ませマッサージします。

クリニックについて

どうしても確実に治したいという方は、やはり専門家に相談するのが一番です。病院の皮膚科でも診てもらうことは可能ですが、自分がAGAだとわかっている場合でしたらAGA専門の医療機関を受診することをおすすめします。

薄毛治療は保険の適応外となるため料金的にはどちらも差異はありませんし、専門に扱っている機関であればより確実に色々な方法で治療することが可能です。