このページの先頭です

後頭部がハゲてきた原因は何?最短で治す3つのO字ハゲ対策!

47views

投稿日:

気がついたら進行していることが多いつむじはげの原因

男性に多い抜け毛の症状の1つ

男性の薄毛の症状は局地的に広がってくることが多いのが特徴の1つです。1つは生え際が後退していくM字はげ、そしてもう1つがつむじを中心に抜け毛が増えることで進行するO字はげになります。中でもO字はげの場合は鏡を見るだけでは確認がしづらいため、気がついた段階でかなり症状が悪化していることがほとんどです。

抜け毛が増えてきたことを自覚した場合には、髪の毛全体の様子を定期的にチェックしておくことが大切です。なるべく早く対策を開始できれば、改善するまでの時間もそれだけ短くなります。

つむじがはげる理由とは

つむじの抜け毛が増えてO字はげが進行してしまう原因は、毛根に成長に必要な栄養が行き届かなくなる血行不良が第一に考えられます。

  • 不健康な生活習慣
  • ストレスや運動不足
  • AGA

食生活が乱れていたり喫煙習慣がある、睡眠不足や運動不足といった自覚がある場合には、代謝が悪化して頭皮にまで十分な血液が送られにくくなってしまいます。また、ストレスを溜め込みすぎてしまうと血管が収縮する原因にもなり、血の巡りが悪くなってしまうのです。

血液が循環しにくいと、身体の最も上部にあるつむじはその影響を受けやすくなります。代謝や血流が悪化した中、血液中の栄養や酸素は内蔵機能を維持するために優先的に利用されるようになります。

しかし、髪の毛は生命活動に直接関係がないものです。毛根の健康は後回しにされてしまいますので、それによって栄養が不足し、抜けやすい弱い髪の毛になってしまうのが問題です。

AGAの症状の1つ

AGAは、男性ホルモンであるテストステロンが、還元酵素の5αリダクターゼと融合することにより、ジヒドロテストステロンという物質へと変化させることで局地的な薄毛を発症させます。男性の薄毛にM字はげやO字はげが多いのはAGA特有の症状でもあるのです。ヘアサイクルが乱れてしまうことで、成長途中の髪の毛が抜け落ちやすくなってはげてしまいます。

つむじはげを克服するためにできる3つの対策

栄養不足を解消するためにバランスのいい食事を摂る

まず、髪の毛を育てるための栄養をきちんと摂ることが大切になります。一朝一夕には変化が現れない薄毛対策だからこそ、日々の栄養摂取が重要です。

インスタント食品ばかり、外食ばかりの生活では脂質や糖質過多になり、毛穴を詰まらせたり、血行を悪くする原因になってしまいます。健康的な髪の毛を作り出せるように、バランスの取れた食生活を意識していきましょう。

必要な場合には亜鉛やビタミンなど、サプリメントで髪の毛に必要となる栄養を補うこともおすすめします。亜鉛は髪の毛を構成するタンパク質を合成するために必須となるものですし、ビタミン類は血管を丈夫にし、血行促進にも役立てられます。

頭皮マッサージを習慣化する

つむじハゲの原因の1つである血行不良を解消するために、頭皮マッサージを行って血の巡りをよくするのが効果的です。冷え込んでしまい血が流れにくくなった頭皮は硬くなっており、最初はなかなか思うように動きません。ですが、指の腹を使って頭蓋骨から頭皮を引き剥がしていくイメージで優しくマッサージを続けていくと、徐々に柔軟化していきます。

血行が促進されて柔らかくなった頭皮は発毛環境が整えられ、抜け毛予防や新しい髪の毛を育てていきやすい状態へと改善できるのです。つむじハゲのみが気になる場合にも、部分的ではなく、頭皮全体をマッサージするように心がけていきましょう。

積極的に育毛剤を利用する

足りない栄養を補ったり、血行を促進するための有効成分が配合されている育毛剤を利用してケアしていくことも効果的になります。清潔に洗った頭皮にマッサージをしながら塗布することを習慣化してください。放置せずにしっかりと対策を行っていけば、十分な改善効果が期待できます。